埼九運輸ではたらくメリット

埼九手帳

この埼九手帳は毎年、新年度に全社員に手渡しております。
手帳には経営計画書がすべて記載されています。その内容は経営戦略、事故削減目標、品質管理年間計画表、輸送安全規則第10条に基づく11項目の年間教育スケジュールとその内容、緊急時通報系統図、また、同じ手帳内に緑色の教育履歴の小冊子が入っております。

各営業所においしい水を設置、しかも飲み放題!

夏の熱中症対策で各営業所に水サーバーを設置しましたが、従業員さんからの評判がよく、そのまま設置することにしました。お湯も出るのでコーヒーやカップラーメンもOKです。

トイレがきれいで気持ちいい

乗務員さんが運行途中にトラックを止められずにトイレを我慢して帰ってくることもあるでしょう。しかし会社のトイレが汚かったらいやですよね。でも大丈夫、そこは所属長がトイレを磨きこんでいますから、ホッと一息入れられる時空間になるでしょう。

同乗指導があるのでトラック運転未経験でも安心

トラック運転の経験が無くても心配することはありません。
先輩がチェックシートを基にやさしく運転のポイントを教えてくれるので、安心してください。不安を抱えたまま一人での運転はさせませんので、初心者の方でも必ず安全運転できるようになります。

教育に漏れがないので自信を持って仕事ができる

独り立ちするまでには細かな作業も覚える必要があります。
また、仕事に対する不安を取り除くことも重要と考えます。
大丈夫です、安心してください。新人ドライバー見極め表を基に先輩が丁寧に教えてくれます。独り立ちするときには自信を持って現場にでれようになっています。

社宅がある

原則、単身で生活される方を対象に社宅を設けました。
入居使用料に対して会社は最大で50%バックアップします。地方の方も大歓迎です。部屋のタイプもいろいろありますので、ご自身でお好きな物件をお選びください。

献血活動

献血活動にも積極的に参加しています。
やはり埼九運輸と言えば助け合い精神。仕事面でもチームワークという最高の形で、お互い助け合うことを積極的かつ自主的に行っております。

さいきゅうファーム

恒例になりました埼九のお米作り。田植えから稲刈りまで従業員さんの家族まで巻き込んでやっています。毎年9月に収穫して従業員さんたちに破格で提供しています。とくに自分たちで育てて収穫したお米はうまいのなんの!!

健康診断を実施

従業員さんの健康を常日頃から気にかけています。健康でなければいい仕事もできません。もちろん安全運転もできません。夜勤業務に携わる従業員さんには年に2回の健康診断を受診しています。

運転適性診断を実施

安全運転をするには、自分の運転の癖や注意が薄いポイントなど把握する必要があります。従業員さんをひとり一人守るためにも毎年運転適性診断を実施しています。

著名人の講話,そして懇親会

自由参加で会費もなし、毎月開催される勉強会の一環で年に一度、著名人をお招きして、楽しく分かりやすい講話をしていただきます。また、懇親会では無礼講でお酒を飲み交わしたり、芸能界裏情報!?なども聞けたりします。

デジタコ搭載車で日報処理が楽ちん

面倒な手書きなど一切ありません。全部機械がやってくれます。
ただボタンなどの操作はありますが…。
また、全車にドラレコも搭載しており、もしもの時には乗務員さんを守ってくれる目撃者となってくれます。

グループ毎の忘年会や新年会がある

従業員さんたちの労を労う、また親睦を深めることを目的としてグループ毎に新年会や忘年会、決起大会を盛大に行い、仕事への活力に一役買っています。本当にいい加減にしてほしいくらい飲み食いが半端ではありません。かなり盛り上がります。

野球、釣り、登山、バレーボール等のサークルがある

従業員さんが沢山いれば、それだけ趣味も多種多様になります。会社全体でのサークルはありませんが、趣味の合う者同士時間を作って楽しく時には真剣に様々なことに取り組んでいます。

社用車貸出制度がある

各営業所には社用車があり、貸し出しをしています。基本ワンボックス車ですから、大勢でも乗車できます。レジャーや冠婚葬祭など様々なシーンで活用しています。
ハイエース・ステップワゴン・エリシオン等

ロジスティクスセンターがある

この不況と言われている中、埼九の躍進は留まることを知りません。2015年の桜の咲くころには所沢に6,000坪の敷地に3,000坪の物流倉庫がオープンしました。

救命講習は必須です

もしもの時に備えてしっかりと救命の講習を受けています。
これは事故時に限らず、大事な家族に何かあった時のことも考えています。皆真剣に取り組んでいますが、何もないことが一番です。

タイヤチェーン巻き方教えます

昨今大雪が増えている中、チェーンの巻き方を知らないでは命にかかわる事態になりかねません。巻き方だけでなく、どのタイミングでチェーンを装着すればいいのかもしっかりと教えます。

災害時の安否確認システムがある

昨今自然災害が頻繁に起きています。埼九は全国各地で活動していますからいつどんな災害に合うか分かりません。誰が何処にをきちんと把握するためまた怪我の有無や出勤可能か否かを正確に情報収集し、家族や会社の存続に関わることですから大事にしています。

ご家族の皆様へ
社員寮紹介
トップメッセージ
よくある質問
安全への取り組み