top of page
  • 執筆者の写真茂木 敦史

トラック日常点検5

トラック車両の中でも、タイヤの選択は重要なもののひとつです。

タイヤによってトラックは支えられていますから、トラックドライバーとして道路状況も合わせて適切なタイヤを選べるようにしましょう。

fdb951d0db96d7ff0b707cf90c1d11e4_s
タイヤの選択

走行に合ったタイヤの種類、パターンを選ぶことは、エコドライブのために大切なことです。

選定にあたっては、安全性が高く、燃費の良いタイヤを選ぶことです。

タイヤの種類

タイヤにはバイアスタイヤとラジアルタイヤの2種類があります。

ラジアルタイヤはバイアスタイヤよりころがり抵抗が小さいため燃費が良くなります。

さらに同じラジアルタイヤでもチューブレスタイヤは、チューブ付タイヤに比べて軽くて、偏平率が小さいため変型量が少なく、その分燃費が良くなります。

又、チューブ部分が無いためパンクやエア漏れに対する安全性も高いといえます。

タイヤのパターン

使用する車両の用途を考えてタイヤのパターンを選定します。

例えば、一般の舗装路や高速道路を主に走行する車両にはリブ型のチューブレスタイヤを装着することで燃費の向上が図れます。

リブ

  1. 高速道、舗装路走行用。

  2. 操縦性、安定性が良い。

  3. 転がり抵抗が少ない。

  4. タイヤ音が小さい。

リブラグ

  1. ダンプ、ミキサ、地場カーゴ用。

  2. リブとラグの凡用パターンで、両方の特徴を備えている。

ラグ

  1. 中低速ダンプ、ミキサ用。

  2. 駆動力、制動力に優れている。

  3. 非舗装道路に向いている。


ブロック

  1. オールシーズン(ダンプ除く)用。

  2. 積雪、泥濘地用。

  3. 駆動力、制動力に優れている。

22445111f083616bcbe5467a33d57b48_s
エコタイヤ

エコタイヤは、「負荷荷重性能」「けん引・ブレーキ性能」「乗心地性能」「操縦性・安定性能」といったタイヤの基本性能を確保しつつ、転がり抵抗の低減したタイヤです。

転がり抵抗の低減とは、タイヤが転がるときに発生するタイヤ自体の変形によるエネルギー損失を少なくすることです。

タイヤの転がり抵抗が小さいことは即ちタイヤがよく転がることを意味しますので省燃費効果を生むことができます。

タイヤの諸性能には転がり抵抗低減と二律背反する性能が多々あり、タイヤメーカーはこれらの性能を高いレベルで両立させるため、最新の技術を取り入れ、様々な工夫をすることで課題を解決しています。

エコタイヤは、多くのメーカーから夏用タイヤ、MIX(オールシーズン)タイヤ、スタッドレスタイヤなどといった用途別にラインアップされています。

更生タイヤ(リトレッドタイヤ)

更生タイヤは、摩耗寿命が終了したタイヤのトレッド部を削り取り、新しいトレッドゴ

ムを張り替えることで、タイヤの機能を復元し再び使用するものです。

従来から、一部のトラック会社やバス会社で更生タイヤが利用されてきましたが、環境経営や経費削減の観点から、改めて更生タイヤが注目されています。

更生タイヤは、新品タイヤの使用条件により耐久性が変わってきますので、利用する際には注意が必要です。

例えば、前輪や駆動輪で使用されたものと遊軸で使用されたものでは、タイヤの疲労が大きく異なりますので更生タイヤの耐久性には差が出ます。

また、安全面を考慮し、更生タイヤを前面には使用しないよう、また、更生回数も原則1回とするように推奨されています。

エアロパーツ

車両の走行中の空気抵抗を減らす部品で、特に高速走行の割合が高い車両に取付けると燃費の向上が図れるものとして、エアディフレクタとエアダムがあります。

エアディフレクタ(ウインドディフレクタ)

荷台がキャブより高い車両(バン型車)、キャブバックの広い車両に対して特に効果があります。

なお、最新の大型トラックなどでは、エアディフレクタがキャブと一体になったものもあります。

エアダム

平ボデー車や特装車両にも効果があります。

エアロパーツを取付けるに当っては、道路運送車両の保安基準に適合させることが必要です。

その他の省エネ装備等

車両停車中に車中の暖気をとるため、暑さをしのぐためにアイドリングをしている例が多くみられますが、次のような装置を活用することによって、こうしたアイドリングを止めるようにしましょう。

蓄熱式暖房マット(仮眠ベッド用)

走行 1 時間程度で蓄熱を完了する蓄熱式のマット(5時間〜7時間40℃程度の保温力が望めます。)やバッテリーから直接電源をとる電気式毛布などがあります。

車載バッテリー式冷房装置

車載のバッテリーを電源として、冷房用の電動コンプレッサーを動かす方式のクーラーです。

最大で 6 時間程度使用することができます。

エアヒーター(独立燃焼式暖房装置)

エアヒーターは、搭載する燃料を活用した独立燃焼式暖房装置で、エンジンを止めての暖房が可能となります。

燃料は燃料配管の途中から燃料ポンプによりヒーターの燃焼装置に送油され、燃焼する仕組になっています。

これにより、外部から吸入した空気を温風にして運転室内を暖房します。

消費電力は、8時間運転しても 8A/h 程度と少なく、バッテリーの大きな負担にはなりません。

燃料消費量は、最大で 1 時間当り 0.24ℓで、大型車がアイドリングで暖をとるときの燃料消費量(1.1 〜 2.Oℓ)に比べると非常に少ない量で済みます。

トラックドライバーの皆さんは、安全運転と同時にエコドライブも行うことが大切です。

引用参考 エコドライブ推進マニュアル

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度のご挨拶

4月1日より、埼九運輸は46期目を迎えることとなりました。 新型コロナウイルス感染症が5類感染症に位置付けられたことにより、日常生活が戻ってまいりました。 弊社がコロナ禍の厳しい社会情勢を乗り切ることができたのも、皆様のご支援のたまものと存じます。 また、昨年度は環境省策定の環境経営システム「エコアクション21」に認定していただくことができました。 心より感謝申し上げます。 さて、2024年

安全運転コンクール結果発表

こんにちは!埼九運輸です。 弊社も参加させていただいた、 一般社団法人埼玉県トラック協会 交通対策委員会様主催 「埼ト協安全運転コンクール」の結果が発表されました! 1チーム10名で、昨年6月1日(木)~11月30日(木)の6ヵ月間、 無事故・無違反を達成できるか競い合う、こちらのコンクール。 参加チームも21チームとなり、社員一同公私共々安全運転に努めてきました。 その結果は・・・・・・

Comments


bottom of page