top of page
  • 執筆者の写真茂木 敦史

普通救命講習を受講しました

こんにちは!埼九運輸です。

2月9日(土)、トラック協会いるまの支部青年部会による、 普通救命講習に参加いたしました。

では、講習の模様をお伝えします! 講習会は狭山市上奥富にある、狭山消防署にて行われました。

消防署には昔の消防道具が展示してあります。

当日は雪が降る寒い日でしたが、40名程の受講者の方が集まりました。 弊社からは9名が参加しました。

まずは訓練用人形で心肺蘇生法を勉強しました。


倒れている人を見つけたら、まずは反応を確認しましょう。 救急車とAEDの手配を済ませたら、呼吸があるか確認します。 呼吸がなければ、すぐに胸骨圧迫による心臓マッサージを行いましょう!

中断は最小限に、強く速く圧迫します。

場合によっては人工呼吸を行います。


気道を確保し、息を吹き込みます。

AEDが到着するまで、またAEDで電気ショックを与えた後も、 この心肺蘇生法を繰り返し行います。

講習を全て終えると、修了証が交付されます!

今回受講したのは「普通救命講習Ⅰ」といって、「心肺蘇生法(主に成人を対象)、AED、異物除去法、大出血時の止血法」などを学ぶ3時間の講習です。 こうした説明を見ると、大事故などの重大な局面で使う技術のように思えますが、 自分より重い人を運ぶ方法や、お餅が喉に詰まった時の対処法など、 日常生活に役立つ知識も学ぶことができるんです。 受講しておいて損はないかもしれませんね。

今後も埼九運輸では、社員の能力向上に努めてまいります。

参考引用:応急手当講習 心肺蘇生法(秋田市消防本部) 心肺蘇生法の手順(日本医師会)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

安全運転コンクール結果発表

こんにちは!埼九運輸です。 弊社も参加させていただいた、 一般社団法人埼玉県トラック協会 交通対策委員会様主催 「埼ト協安全運転コンクール」の結果が発表されました! 1チーム10名で、昨年6月1日(木)~11月30日(木)の6ヵ月間、 無事故・無違反を達成できるか競い合う、こちらのコンクール。 参加チームも21チームとなり、社員一同公私共々安全運転に努めてきました。 その結果は・・・・・・

コメント


bottom of page