top of page
  • 執筆者の写真茂木 敦史

トラックドライバーと防災4

トラックを走行中、もし災害が起こってしまったら、ドライバーのみなさんはどうしたら良いのでしょうか?

トラックドライバーという物流の担い手として、しっかり対応できるようにしましょう。

ad10768b1578091535d46c19e89c9496_s
緊急地震速報を聞いたら

緊急地震速報とは

緊急地震速報は、気象庁が震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して、震源位置・地震の規模を直ちに推定し、それに基づき各地での主要動の到達時刻や震度を推定、可能な限り素早く(数秒〜数十秒で)知らせる情報システムです。

下記の予報と警報があります。

緊急地震速報(警報)(or 単に「緊急地震速報」)

最大震度5弱以上が予想される場合に発表される地震動警報。

緊急地震速報(予報)

最大震度3以上(or マグニチュード3.5以上)が予想される場合に発表される地震動予報。

平成19年10月1日から一般向け運用として,地震波が2つ以上の地震観測点で観測され、かつ最大震度5弱以上と推定された場合に「地震の発生時刻」「震源の推定値」「震央の地名」「強い揺れ(震度5弱以上)が推定される地域及び震度4以上と推定される地域名」の速報を行っています。

緊急地震速報の仕組み

地震が発生すると、初期微動のP波と呼ばれる小さな揺れと、主要動のS波と呼ばれる大きな揺れが同時に発生します。

P波とS波は、伝播速度が異なります。

P波は秒速約7km、S波は秒速約4kmの速さで伝わります。

この伝播速度差を利用して、震源に近い地点でのP波の観測に基づき、後から来るS波の伝播を時系列的に予測します。

震源から離れた地域(地点)に対して、その到達前に緊急地震速報を発表します。

緊急地震速報を見聞きしたときは

緊急地震速報は、情報を見聞きしてから地震の強い揺れが来るまで数秒〜数十秒しか時間がありません。

そのわずかな時間に身を守るための行動をとる必要があります。

緊急地震速報の活用としては、予報を受診して列車やエレベーターをすばやく制御して危険を回避したり、工場や事業所、家庭などで避難行動をとることによって、被害の軽減などが期待されます。

緊急地震速報を見聞きしたときは、周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全等を確保しましょう。

緊急地震速報の入手方法

テレビ・ラジオをはじめ、緊急地震速報の放送に対応している地域の防災行政無線、集客施設の構内放送等により伝えられます。

このほか㈶気象業務支援センターまたは、民間の情報配信会社からも入手できます。

自動車運転中に緊急地震速報を聞いたら

後続の車が情報を聞いていない可能性もあるため、あわててすぐにスピードを落とすことはしないでください。

ハザードランプを点灯するなどして、周りの車に注意を促した後、急ブレーキはかけず、緩やかにスピードを落としましょう。

大きな揺れを感じたら、急ハンドルや急ブレーキを避けるなど、できるだけ安全な方法により、道路状況を確認して、道路の左側に車を停止させましょう。

緊急地震速報について知りたい方は

  1. 緊急地震速報について(気象庁ホームページ)

http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/index.html

e287b1b9d81d9b5a01777f0e0e7f1dc7_s
緊急・救援輸送について

緊急・救援輸送とは

被災地の援助や復興のための輸送を「緊急・救援輸送」といい、次のような輸送を行います。

被災者の応急生活を確保するための救援物資の輸送(食料品、飲料水、衣料、日用品、熱源、医薬品、仮設住宅など)。

被災地の後片付けのための物資輸送。

被災地の都市機能回復のための資機材などの輸送(道路・鉄道・河川・水道・ガス・電力・通信などの復旧資材、車両、燃料など)。

トラック運送事業者の役割

被災後はさまざまな物資を、短期間に、大量に輸送しなければなりません。

トラック運送事業者には、これら輸送の担い手として大きな役割が期待されています。

緊急・救援輸送の要請機関

緊急・救援輸送の要請は、都道府県等から都道府県トラック協会に要請され、それを受けて出動することになります。

緊急・救援輸送の要請事項

災害発生に伴い、都道府県等から「出動する車種・台数、集合(出動)場所、出動日時、輸送品目、輸送先」などの要請事項が、都道府県トラック協会に出されます。

これを受けて都道府県トラック協会では、各支部や会員事業者に電話やファックスなどで出動を要請します。

要請後は迅速な対応を

都道府県等から都道府県トラック協会への輸送要請は、深夜や早朝に発せられる場合もあり、出動までの時間が短い場合もあります。

そのため要請後は迅速な対応が必要となります。

安全な場所で正しい情報を集め、必要な場所へ連絡を取りましょう。

これはトラックドライバーに限ったことではありません。

例えプライベートであっても落ち着いて行動できるようにしましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度のご挨拶

4月1日より、埼九運輸は46期目を迎えることとなりました。 新型コロナウイルス感染症が5類感染症に位置付けられたことにより、日常生活が戻ってまいりました。 弊社がコロナ禍の厳しい社会情勢を乗り切ることができたのも、皆様のご支援のたまものと存じます。 また、昨年度は環境省策定の環境経営システム「エコアクション21」に認定していただくことができました。 心より感謝申し上げます。 さて、2024年

安全運転コンクール結果発表

こんにちは!埼九運輸です。 弊社も参加させていただいた、 一般社団法人埼玉県トラック協会 交通対策委員会様主催 「埼ト協安全運転コンクール」の結果が発表されました! 1チーム10名で、昨年6月1日(木)~11月30日(木)の6ヵ月間、 無事故・無違反を達成できるか競い合う、こちらのコンクール。 参加チームも21チームとなり、社員一同公私共々安全運転に努めてきました。 その結果は・・・・・・

Comentarios


bottom of page