top of page
  • 執筆者の写真茂木 敦史

トラックドライバー基本・二輪車の特徴

道路をトラックで走行中、並走している二輪車をよく見かけませんか?

さっと進路変更をされると少しドキッとしますよね。

二輪車はトラックと異なり小回りが効くということをよく理解し、気をつけてトラックを運転しましょう。

24fcf6f426dc8cc9a6f591d2369b1504_s
自転車の特性

安全確認をしない

見通しの悪い場所でも安全を確認せずに飛び出してきたり、後方の状況を確認せずに進路変更することがよくあります。

特に、子供や高齢者の乗った自転車はそうした行動をしがちです。

合図なしに進路変更をする

自転車にはウインカーがないため、合図をしないで進路変更してくることが大半です。

したがって、前方の道路状況、例えば自転車の進路の先に駐車車両があるという場合や、後ろを何度も振り返っているなどの自転車の行為から、ある程度自転車の進路変更を予測して運転する必要があります。

交通ルールを理解していない

自転車に乗る人のなかには、子供や高齢者のように運転免許を持たず、交通ルールをよく理解していない人も少なくありません。

そのため交通ルールを無視した行動をとることもあります。

2人乗りの自転車や傘をさした自転車などは不安定である

2人乗りの自転車あるいは高齢者の乗っている自転車、雨の日に傘をさして片手で運転している自転車などは、たいへん不安定で、ちょっとした路面の変化でもバランスを崩してしまうことがあります。

また、数台の自転車が団子になって走行していることもよくありますが、こうした場合に、自転車同士が接触して店頭するというケースもあります。

事故防止のポイント

住宅街では、小さな交差点や脇道などから自転車が飛びだしてくることが多いので、スピードを落として走行します。

また、一方通行を逆行してくることも多いので、その点にも注意が必要です。

交差点では信号の変わり目に注意

信号の変わり目に、自転車がスピードをあげて交差点を横断してくることがありますから、信号が変わって発進していくときや右左折するときは、自転車の動きにもよく目を配るようにします。

自転車を追い抜くときは十分な側方間隔をとる

子供や高齢者の乗った自転車、二人乗りの自転車、傘をさした自転車などを追い抜くときや追い越すときは、十分な側方間隔をとります。

また、自転車の動きや前方の状況に目を配り、自転車の進路変更が予測されるときは、追い抜きや追い越しはやめるようにします。

特に、自転車に乗っている人が後ろを振り向いたときは、進路変更が予測されるので十分注意しましょう。

夜間は無灯火で走る自転車に注意する

夜間は無灯火の自転車に注意が必要です。

特に暗い道路では、無灯火の自転車はほとんど見えず、ヘッドライトに照らされてはじめて自転車に気づくというケースがよくあります。

夜間に暗い道路を走行するときは、ヘッドライトの下向きの照射範囲内(約40メートル)で十分に停止できる速度で走行することが大切です。

乾いた道路での時速60キロの場合の停止距離は約44メートル、時速50キロで約32メートルですから、少なくとも時速50km以下の速度で走行するようにします。

3293dc538176f063ac7ba740a8bf761b_s
二輪車の特性

死角に入りやすい

二輪車は四輪車に比べて小さいために、対向車の死角やミラーの死角に入り、発見が遅れたり、見落としやすくなります。

バランスを崩し転倒しやすい

二輪車は路面のちょっとした変化や、落葉、砂などでバランスを崩したり、大型車が側方を通過するときの風圧でバランスを崩すことがあります。

また、急停止したときには転倒することが多く、路面に投げ出されたライダーをはねてしまうという事故もよく起こります。

急に進路変更することがある

二輪車、なかでも原付バイクの場合は道路の左端を走行することが多いのですが、道路の左端は駐車車両その他の障害物が多く、路面の変化も激しいので、急に進路変更することがよくあります。

事故防止のポイント

右左折時には二輪車の有無を確認する

渋滞で停止している車の間を右折していくときや、対向車に道を譲られて右折していくときには、対向車のかげから二輪車が接近していないかどうかを必ず確認します。

また、左折時には左後方や側方に二輪車がいないかどうかを確認します。

二輪車が接近しているときは右左折や進路変更をしない

二輪車が接近しているにもかかわらず、強引に右左折や進路変更をすると、たとえ直接には衝突しない場合でも、急ブレーキをかけた二輪車が転倒して、ライダーが路面に叩きつけられたり、車にはねられたりする重大事故につながります。

二輪車が接近しているときは、右左折や進路変更をせず、二輪車を先に行かせるようにします。

二輪車の進路変更を予測する

前方に駐車車両がある場合は、左端を走行する二輪車は進路変更してくることが予想されますから、追い抜きや追越しはせず、車両間隔をとって二輪車が進路変更をするのを待つようにします。

また、二輪車を追い抜くときや追い越すときは、十分な側方間をとるようにします。

トラックドライバーとして、とくに二輪車が近くにいる際は意識して十分な間隔をとるようにしましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度のご挨拶

4月1日より、埼九運輸は46期目を迎えることとなりました。 新型コロナウイルス感染症が5類感染症に位置付けられたことにより、日常生活が戻ってまいりました。 弊社がコロナ禍の厳しい社会情勢を乗り切ることができたのも、皆様のご支援のたまものと存じます。 また、昨年度は環境省策定の環境経営システム「エコアクション21」に認定していただくことができました。 心より感謝申し上げます。 さて、2024年

安全運転コンクール結果発表

こんにちは!埼九運輸です。 弊社も参加させていただいた、 一般社団法人埼玉県トラック協会 交通対策委員会様主催 「埼ト協安全運転コンクール」の結果が発表されました! 1チーム10名で、昨年6月1日(木)~11月30日(木)の6ヵ月間、 無事故・無違反を達成できるか競い合う、こちらのコンクール。 参加チームも21チームとなり、社員一同公私共々安全運転に努めてきました。 その結果は・・・・・・

Comments


bottom of page